ブライアン・J・ベイカー

ブライアン・ベイカーは、金川国際法律事務所に所属する外国弁護士(ニューヨーク州弁護士)。過去20年の大半を東アジア(中華人民共和国、香港、シンガポール及び日本)にて勤務してきた。

Davis Polk & Wardwell LLP及びBarclaysにおける実務経験並びにJD、MBA及び会計学のポストバカロレア学位にて得た知識に基づき、キャピタルマーケット及びアセットマネジメントの分野を主要な専門分野とする。

また、約20年間に及ぶ海外生活及び海外勤務に基づき、クロスボーダーの法律問題全般、とりわけ会社法及び紛争解決の実務における豊富な知識を有する。

経歴

2000年カンザス大学卒業(東アジア言語文化学(中国)及び英文学学士号)
2006年ニューヨーク大学ロースクール(JD)卒業
2006年ニューヨーク州弁護士登録
2009年ミズーリ大学カンザスシティ校(会計学ポストバカロレア学位)
2010年INSEAD(MBA)卒業

職歴

2000年~2001年華中師範大学(武漢)英語教師
2004年錦天城(AllBright)法律事務所(上海)サマーアソシエイト
2005年Davis Polk & Wardwell LLP(USA/香港)サマーアソシエイト
2006年~2008年Davis Polk & Wardwell LLP(香港)アソシエイト
2010年~2013年Barclays(シンガポール)Fund Structurer
2015年~2017年牛島総合法律事務所 アドバイザー
2017年~金川国際法律事務所に外国弁護士として参画

資格・登録・所属

米国ニューヨーク州(2006年登録)(Not admitted in Japan)

アクセス

採用情報